邪魔な人、許せない人、腹の立つ人、鼻につく人、要らない人、、、

本当に沢山の人々がいるこの世の中じゃあ、そんな人に出会うことも少なからず有ることでしょう。


私もです。

だけど、いつもじゃないし、ずっとじゃない。

不思議と気が収まるんです。


あ、いや「不思議と」は間違いですね。

私、何となく気付いたんです。


あくまで「何となく」の持論ですが。




あなたがウザいと言う人、嫌いだと思う人、絶対許せないと感じる人。

これら全ての共通点。気づきますか?
よく見て下さい。あなたが嫌悪感を抱く人、それはあなたが見ている人達。

広く言えばこの世の中はあなたが見ている。あなたを通している。つまり、あなたが世の中の出入り口なのです。





紅いサングラスを掛けると世界は紅く、蒼いサングラスを掛けると世界は蒼くなるように、あなた自体がサングラスの役割をしているのですからあなたが変わればあなたの頭が感じる世界も必ず変わるのです。

また、紅が嫌いなのに紅いサングラスを掛けると吐き気がしてくるように、あなたがあなた自体の事を許せず大嫌いだから、あなたは世の中を嫌ってゆくのです。

しかし、あなたはサングラスじゃない。だから簡単に付け替えたり出来ない。だから苦しむのです。
けれど、それはつまり「私は人間だ」と言えます。
前述の通り人に替えはなかなか無いですよ。しかし人は考えられる。行動に起こせる。

替えが無くても変われるんですよ。




私の言いたい事、わかって頂けますでしょうか?

あなたはあなたの宇宙で生きている。
あなたにはその宇宙を変える力がある。


あいつを許せないなら、自分を許してあげましょうよ。
あいつが嫌いなら、自分を好きになりましょうよ。
あいつが気に食わないなら、自分の悪いとこ見直しましょうよ。




自分が好きな世界は自分が好きな自分が創る。