天文部に憧れます。

それは天文部を知らないから出来るのです。

天文部が夜空として星を愛でる部ならば問題ないのですが

もし、学問としての星を見つめるものならば、

僕の天文部への興味は無くなるでしょう。

だから、僕は知らないままでいるのです。

知らないから、憧れていられるのです。