だれかが「眠れない」と言っているのをみると、

 その人はいったいどんな素敵な本を読んでいるのだろう

 と、空想してみることにしている。

 そんな風に誰かの幸せを思ううちに、

 僕も夢に落ちる。