僕は認められようと思った。

あなたは認められるためにはまず認めよとおっしゃった。

僕は認められるために認めることをし始めた。

あなたは認めることに尽くした僕をないがしろになさった。

僕は認めることを続けるようにした。

あなたはそれでも振り向こうという姿を見せられなかった。

僕は認められるために認めようという努力を惜しまなかった。

あなたはそれでも同じだった。

僕は認められるために認めるという行動に疑問を感じ始めた。

あなたはそれでいいとおっしゃられた。

僕は認められるための努力としてあなたの言葉を理解しようとしたが出来なかった。

あなたはまたそれでいいとおっしゃられた。

僕は理解されるための努力として認めることにつとめた。

あなたは終ぞ振り向かれなかった。

僕はあなたに憶えた。