「すきだよ」
「そう。誰が?」
「きみのことが」
「ふうん。なぜ?」
「さて、なんでだろうね」
「あらそう? 残念だわ」
「ざんねん、っていうのは……」
「答えられたら付き合ってあげる」

「ふうん。なぜ?」
「こころにりゆうなんていらないさ」
「それで、どうしたいの?」
「そうだね、つきあおうか」
「それで?」
「それ、で?」
「付き合ってどうするの?」
「どう、したいのかなあ……」
「惜しいわね。でも残念だわ」

「それで?」
「それで、ねえ……」
「付き合ってどうするの?」
「たのしいことは、いっしょにかんがえていけるよ」
「ま、ナシではないわね」
「じゃあ、つきあおうよ」
「あなたは私が欲しくて付き合うのね、じゃあ私はあなたから何を得られるのかしら?」