Sincerely for...

このお話は事実を元にしたフィクションです。 期待は小さく、思い出は大きく。

タグ:哲学

哲学のSF


 人間が哲学をするのは、それは世界に向けての愛である。
 自分に見えているすべてを理解し、自分自身を理解しようとする。
 愛智。それが人間の持つ確かな本能なのだ。

 しかし考えたことはないだろうか。多くの人間たちがどうしてこんな、何のためにもならないものを追い求めてきたのかと。
 愛を持つことがよい。
 真理を知ることがよい。
 はたしてそうなのだろうか。だがそうするよりほかないのだ。愛すること、求めること、成長することこそが生きているということであり、生きてゆくということなのだから。
 そうやって自分を追いつめて束縛するのをやめれば人間は簡単に死ぬ。
 そして死ぬのは嫌だというのが生物としての本能だろう。ということになっているから、人間は哲学をする。

 いいや、違う。と僕は仮定する。
 死にたくないから哲学をするのではなくて、哲学をし続けるために死にたくないと活動し続ける思考構造を持って生まれてきたのではないだろうか、と。
 持って生まれてきたとはどういうことか。それは与えられて生まれてきたとも言えるのではないか。

 僕は言う、哲学は愛の行為だ。
 僕は問う、哲学で何を得るのか。

続きを読む
kayuコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: おはなし  じぶん 

歴史が苦手な人が語る形而上学、智を愛でるということ


哲学とは何か。
その答は簡単。
哲学とは考えること。

人の心について。
人生について。
善と悪について。
愛について。
この世の真理について。

答を求めること。
追求すること。
それが哲学。


だから『哲学を学ぶ』というのは
間違ってはいないにしても果たしてどうなのか?
と思うわけですよ。
『あの人の哲学』とか『あの人には哲学がある』
といった遣い方の方がしっくり来ます。



哲学というのは考えることであると同時に
“考え方”であると思います。

当然ですが、考え方は人の数だけあります。
そうなると、哲学も人の数だけあるわけで。

しかし我々のような貧弱な生物はどんなに努力をしても決して100%を理解しあうことは出来ない。
それは『自分にも判らない部分があるから』なんてややこしいことではなくて、単純に、どう頑張っても別の物体だからです。
だから「あなたの考え方が知りたい」

ところで、いくら自分に哲学を持つ素質があろうとも使い方がわからなければ意味が無い。
沢山書ける上等なあっても、それに記すペン乃至ある程度の語学力が無くては持ち腐れもいいとこです。
それ以前にノートの使い方だったり、どんなものにでもある“正しい使い方”ってやつを、大雑把にでも把握というか、理解しておくべきだと思うんですよ。
しかし“考え方”なんて抽象的なものを相手に手本に出来るのはやっぱり他の考え方。先人の知恵。
だから「あなたの考えが知りたい」

こうやって考えていくと前述の『哲学を学ぶ』というのも大切なことなんだと思いますね。
同時に「だから倫理・哲学は社会科系に含まれるのかなぁ」とも。
追求や探求の心という点では文系より、むしろ理系の実に科学者的だと思うんですがね。

昔の学者さん達みたいにいろんな分野にまで視野を広げることも必要だと思います。
たとえば頭ごなしに『UFOや幽霊なんていない!』と言うのを控えてみたり。ね。
まあ、古代ギリシャ人は一日中考え事をしていられるくらい暇人だったから、現代人の参考にはならないかもしれませんが。


『これなんだろう?』『どうしてだろう?』
と考え続けることと、なにより色々な方向に目と思考を向けること
これが哲学を持って生きるということなのではないでしょうか。



続きを読む
kayuコメント(4)トラックバック(0)  
カテゴリ: こころ  みち 

これでも考えてんのサ


ここんとこずっとはまってんのよ。哲学。



哲学って、奥が深いって言うか幅が広いのね。(「奥が浅いモノ」って無いと思うケド)


色んな人が色んなコト考えてるみたい。
色んな人が色んなモノ探してる。

あなたはどう?「人って何さ....」って、思った?思った?

考えるよね。悩むよね。誰だって。


しかし、その「誰だって」こそが哲学の入り口(らしい)

古代ギリシアの人々はそんな事ばっかり考えてたらしい。よぅ知らんけど。
要は暇だったのね。仕事も戦争も無い日は。


「だけど、21世紀にそんな暇ないね」と、思ったりする今日この頃。


でも、大事と思うよ?






今日、立ち読みで泣きそうになった。
そんな本をfound。

「あんたの人生は、どう足掻こうとあんたが関わってる。あんたが創ってんの。それが気にくわなくてもね。 わかり易くあんたが変われば人生も変わっていく。 [あの人]を変えたきゃ、あんたから変わっていきな」
みたいな本(だったと思う)

口調は99%嘘だけどさ、素敵だったよ。


心理学って、惹かれるな。




『許せないあの人を想って毎日「有難う」と100回言ってみて下さい。本当に許せなくても結構です。いつか、あなたの人生が必ず変わってきます』

『あの人に信頼されたいなら、心の底からあの人を信頼して下さい』


ザ☆受け売りですが......。

「人生は鏡」このヒントで是非探してみて下さい。





えっ?!いや、別に題名忘れた訳じゃないよ?うん........。





kayuコメント(0)トラックバック(0)