Sincerely for...

このお話は事実を元にしたフィクションです。 期待は小さく、思い出は大きく。

タグ:

僕と私――観念的セカイ系



  第一章

「幸せなんてない。でしょ? 言いたいことはわかってるよ。知ってる」

 僕はこの子の身長の割にはハスキーな声が好きだ。
 重たくがさついた低いそれだけの声ではなくて、柔らかく沁みいるような温かい声が、彼女の声が好きだ。


 彼女は僕に謂う。同じことを何度も謂う。
 彼女は同じことを何度も繰り返している事を自覚している。
 僕は何度も何度も彼女の話を聞く。僕は何度も何度も聴いても理解出来ない。

 彼女は僕に謂う。同じことを何度も謂う。僕は喜んで聞く。
 彼女は僕に謂う。同じことを何度も謂う。僕は嬉しい。
 僕は同じ話を何度も聞く。彼女の言葉を何度も聞く。彼女のいとおしい声を何度も聞く。

 僕が不安になる。繰り返すことが嫌になってはいないかと不安になる。
 彼女は僕に笑いかける。彼女は僕に呆れた顔をせず僕と笑う。彼女の笑顔に僕も笑う。
 僕は安心する。彼女は笑顔で僕を受け入れてくれている。出来の悪い僕を笑顔で赦し受け入れてくれる。

 僕は、そして僕と彼女は、幸せなのかもしれない
続きを読む
kayuコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: おはなし  こころ 

愛と愛と愛の愛の話。






 セドリックが私に言う。このままではいけないと。

 私はセドリックに言う。夢はここに確かにあると。





 目の前の石がどうして石と呼ばれているのか不思議なのだと彼女は言う。いつも僕に見せてくれる温かさを持った笑顔で彼女は言う。

 空に浮かぶ雲がどうして雲と呼ばれているのかについて僕たちは考える。幸せという形のないものを噛み締めながら僕たちは考える。

 僕を乗せて走る地球が球であることの不思議と感傷的な孤独感に気づく。僕を包む空に終わりがないという絶望的な全能感に震える。

 僕は球の外側にいる。 僕は球の内側にいる。
 君は球の外側にいる。 君は球の内側にいる。

 世界は常に僕の外の何処かに在って、僕は常に世界の中の何処かに居る。





 私にセドリックが円を書く。僕は君の外にいると嘆く。

 私はセドリックの円を指す。円の外は中になると叫ぶ。





 彼女を抱きしめるとそこには愛があった。
 愛は彼女の匂いがした。彼女は愛の匂いがした。

 抱きしめられた彼女は愛を受け取った。
 愛は彼女の匂いではないと言った。彼女は愛ではないと言った。

 確かなことは、愛が今そこにあるということ。
 確かなことは、彼女が愛ではないということ。

 愛こそが全てだ。 しかし部分に過ぎない。
 全ては愛なのだ。 だが部分が総体を作る。

 一瞬の間に百億の愛がそこら中に生まれ、百億の愛が初めからそこら中に在った。





 私を見ているセドリックを私は見ている姿がここにある。

 だから私とセドリックはここにいる。

 それはつまり私とセドリックの愛がここにあるということ。

 私たちは愛を生み愛を抱き愛に包まれ愛によって愛となり愛になる。





kayuコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: おはなし  こころ 

姫君の告白


どうも、こんばんは。僕です。

なんていうかもうアレですね、冬ですね。
僕の部屋は毎晩毎朝寒くて大変です。まあストーブつけりゃいいだろって話なんですが、せっかくなので冬を感じて過ごしています。それこそ身体の芯まで。

ところで街は今もうクリスマス色でいっぱいですね。
別にクリスマスに何の悪意もないし、僕も何か恨みがあるってわけじゃあないのですが、どうもアレだけは解せないんですよ、アレ。
“クリスマスイブイブ”って何なんでしょうか?
そもそも“イヴ”ってeveningの省略なわけで、じゃあそれってどういう意味だっけ?って。“〜の前”なんて意味はこれっぽっちもないですよね。少なくとも僕の記憶と手元の辞書にはありませんでした。
夕暮れの夕暮れってなんだよ・・・何次元の世界の話を繰り広げてるんだよ・・・
というのが僕の心の叫びです。
もっと言えば、なんで前々日は祝ってその後は祝わないんでしょうか。イブイブが認められるならもっとこう、クリスマス・ジ・アフター的なものもあっていいんじゃないかと。
まあクリスマスの当日なんてせいぜい朝しかその意味を持たないから、翌日なんて見向きもされないんでしょうが。
第一、僕はこれ以上のすい〜つ業界の発展を望んじゃいませんし。

暗く寒い部屋で独り淋しく感じる、日本全域に至る恋人たちの浮かれ祭より、これからますます新聞のテレビ欄を彩ることになるであろう年末年始の特番のほうが僕はよっぽど気になります。

別に一緒に過ごす恋人がいないからとかそういうのではなく。
決してそういうのではなく。


続きを読む
kayuコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: いのち 

生と死と殺〜ライフストリームに乗って〜





人は何故、人を殺めてはいけないのか



そう質問されたとき、僕は呆れや驚き以上に怒りを覚えた

それは、倫理や道徳といったもの以前に人として、生まれながらに持っているべきルールだと思ったから

だから僕は彼に怒り

そしてもう一つ

僕がそのとき答えられなかったということ。明確な答を出せなかったということ







ところで実際問題、何故人を殺めてはいけないのだろう


人は人が裁くもの。でも人が人を殺すのはいけないこと

人以外のものは沢山殺して人は生きているのに、人が人を殺さないのは、人が人だから

人が殺していけないのは人だけじゃないはず。殺しちゃいけないのは、それは死んだら悲しむ人がいるから

正直、綺麗事はいらない

人はヒト以外の沢山の生き物の命の上に成り立っているということを忘れてはならない筈なのに

人が人を殺すとき、生きる為にその命を奪うだろうか

いつからか人は、朝・昼・晩、目の前に並ぶ命を当たり前のものと思い込むようになってしまった

あって当然。頂くのが当然。と

そうして命の重さ、大切さを見失ってしまった

そうして命の流れを、見失ってしまったのだ

生き物は生きる為に他の命を頂く

同じく人も、生きる為に命を頂く

生きる為に命をいただき、受けた命を今度は自分が次の命へ託す

そういう自然の流れを、宇宙のリズムを失ってはいけない

人として、生き物として、一つの命として






命は奪うものではない。頂くものだ。
“私”が今日を迎えることができるのも、沢山の命のおかげ。
固有の時間に終わりはあっても、純粋に“命”に終わりはない。
ただ、流れるだけ。



続きを読む
kayuコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: こころ 

心より、心へ。








全力で楽しむ


全精力を以て楽しむ




奏者として、演者として、『自分』として。




続きを読む
kayuコメント(3)トラックバック(0)  
カテゴリ: じぶん  みち